オキシトシンの分泌を増やして、感染予防力を高める

平常通り、対面セッションを行っていますが
オンラインセッションでのカウンセリングも好評受付中ですので、ぜひご活用ください。

こころの相談室 メンタルケア フォレスト では
こころの悩みや問題を軽減し、
自らをよりよく変化させていくための
サポートをいたします。

また当ルームでは、通常の心理カウンセリングとともに
自分で自分のこころを調える方法(マインドフルネス)
について学んでいただくことにより
誰の中にもある自然治癒力を最大限に引き出すよう
援助しています。

私とのカウンセリングをご希望される方は
HPをご参照の上、ご予約専用メールからお申し込み下さい

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
ブログ村のランキングに参加しています。
このワンコ(LUCKY)をポチッと押していただくと
励みになりますので、どうぞよろしくお願い致します。(^^)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

最近の私は涙腺が弱くなったのか
ちょっと感動しただけでも、すぐ涙がじわ〜っと溢れ出てきます。

最初、これは年のせいなのかと思っていたけれど・・・

今日はたっと気がついたことがあって
それは2ヶ月ぐらい前から、また若かりし頃のように、
暇さえあれば好きな音楽を聴いていて、
時に一人で踊っていたりするということです。

恐らくそれによって、
以前よりオキシトシンの分泌が増えているのではないか
と私は思っているのですが・・・

オキシトシンといえば
「幸せホルモン」とか「愛情ホルモン」などとも呼ばれていて

愛着を深め成長を促すこと
またストレスを弱め、情緒を安定させる上で
とても重要なホルモンです。

それゆえこのホルモンが分泌されると

・幸せな気分を感じる

・脳がリラックスし、癒される

・不安や恐怖心が軽減する

・他者との関わることの好奇心が高まる

・他者に対して信頼的になる

・記憶力や学習能力が向上する

・心臓の機能を高める

・美肌効果が高くなる

・感染予防力を高める

という効果がもたらされます。

また出産時には、陣痛を促したり、授乳中の母乳の分泌を促す
働きもするため、命が生み出される現場では、とても重要だったりします。

それゆえこのオキシトシンというホルモン、
どうすればその分泌を増やすことができるか

それを知っていると、コロナ感染に対する不安も
幾分、和らぐのではないでしょうか。

ということで、オキシトシンの分泌を増やす具体的方法
についてですが

・ まずなんと言っても触覚による刺激
それには心地のいいスキンシップがいいです。

また柔らかいものに触る
(たとえばペットなどに触れることも
オキシトシンの分泌が促されます。)

・ 人とふれあう時間を大切にする
たとえば家族や友達と会話したり食事することを楽しむ

・ 人に親切にする
それによってあたたかいエネルギーを交換しあう

・ 良質な睡眠をとって脳を十分に休める

・ 栄養のバランスが取れた食事をする

・ 瞑想する

そしてさらにこれらに加えて、
実は音楽というのは耳だけで聴いているのではなく、
身体中の皮膚全体でその音の波動を感じとっているそうです。

ですから好きな音楽を聴いていると
私のようになんとなくハッピーに気分になって体を動かしたくなったり
あるいは曲によってはとても気分が安らいで、癒されたりすることが
よくありますよね。

そんなわけで、以前は怒るのが得意でしたけれど
最近は、オキシトシン効果で体や心の緊張が緩められているのか
感動しては泣くのが得意になりつつあります。

ちなみに最近は、緊急事態宣言などにより
社会全体がコロナに疲れてきているせいでしょうか

子どもたちも少なからずその影響を受けて、
登校する気力が低下している子が増えつつあるようです。

もし子供のエネルギーが低下しているかもということで
心配している方がみえましたら

ぜひ、背中を優しく撫ぜてあげるとか
タッチしたりハグするというようなことをこまめにやってあげることで
オキシトシンの分泌を増やしてあげるようにするといいと思います。

ところで少し前に「共依存 恋愛編 」というタイトルの
動画をアップロードしました。

もし恋愛で悩んでいる方がみえましたら
下記にその動画を貼り付けておきますので
ぜひご覧になってみてください。

 

 

雨の日が多いですが、散歩道に咲くツツジに
元気をいただいています。(^^)